FC2ブログ

長井秀和NY語学留学「英語で漫談を」

 2007-08-24
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070824-00000051-nks-ent
お笑いタレント、長井秀和(37)が、来月中旬から1年間ニューヨークに語学留学することになり、23日、東京・東新橋の日本テレビで会見を行った。「パブリックな場でスピーチやパフォーマンスをできる語学力を身に付けたい」と決意を語った。
 念願の留学だった。「5、6年前から将来的に英語圏でもスタンドアップ・コメディー(漫談)ができる芸人になりたいという希望があった」。留学費用として600万円を貯金。学生ビザを取得し、3カ月間は語学学校で寮生活を行う。
 妻子を残して単身渡米する。「経済的なこともあるし、2歳の子供は日本語もちゃんと話せないので、1人で行った方がいい」と、苦渋の決断だったことを明かした。「寂しい思いをさせると思う」としんみりしながらも「僕にとっては必要な1年。37歳だからそれぐらい基礎工事には時間がかかる」と言い切った。
 カンニング竹山隆範に「行って何があるんすか」と言われたが、爆笑問題や劇団ひとりらタレント仲間にも祝福されたという。「先輩や友人の後押しで踏ん切れた」と周囲の激励に感謝した。帰国後は「どういう形になるか決めていない」と言葉を濁したが、「もし仕事があるなら」と米国での活動にも色気を見せた。

麒麟・田村「貧乏自叙伝」発売

 2007-08-21
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070820-00000025-dal-ent
お笑いコンビ・麒麟の田村裕(27)が9月3日に初の著書「ホームレス中学生」(ワニブックス)を発売することが20日、分かった。過去の極貧生活をつづった貧乏自叙伝で、悲惨ながらも笑えるエピソードが詰まった一冊となっている。
 小5のときにがんで母親を亡くした田村。13歳のときに、借金で自宅を差し押さえられ、父親が「これからはおのおのに頑張って生きてください。…解散!」といきなり“家族解散”を宣言した秘話を披露。田村は訳も分からぬまま突然、ホームレスとなったいきさつが書かれている。
 大学生の兄と高校生の姉は、バイトで生計を立てたが、田村は1人で自宅近くの「まきふん公園」で生活を開始。公園の鉄棒に洗濯物を干し、トイレは草むら。自動販売機の下の小銭を拾うのが日課であまりの空腹から段ボールを水につけて食べたこともあった。
 また、公園にいたハトが口にしていたパンを取り上げ食べてたこともあったという。子供たちに絶大な人気を誇る絵本「アンパンマン」の著書・やなせたかし氏(88)も「人々にパンを与えたアンパンマン、ハトからパンを奪った田村くん。どちらの話もみんなに生きる勇気を与えてくれるかも」とコメントするほど。
 田村は「僕も一杯のお米で感動できるハードルの低い幸せを愛しています。人間、何があっても生きることができます」と本を通じて人々に勇気を与えるつもりだ。

ナイナイ矢部、危うく“番組欠席”の事態に・・・

 2007-08-17
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070817-00000010-oric-ent
人気お笑いコンビ・ナインティナインの矢部浩之が体調不良で“番組欠席”の危機に見舞われていたことが18日(金)、分かった。

 昨日深夜に放送されたニッポン放送『ナインティナインのオールナイトニッポン』(毎週木曜深夜1時~)は生放送だが、番組を聴く限り矢部の声は確認できず、相方・岡村隆史のみ。しかし、その直後に「コマネチ!」とビートたけしばりのハスキーな矢部の声が・・・。

 矢部の説明によると、この日はテレビ番組ロケを3か所で実施。「2か所目を終えたところで異変に気付いて・・・。決してふざけてるんじゃないんです」と釈明。岡村も「ベテランさんみたいな声になっております」と茶化したが、これに乗じて矢部が歌手・もんたよしのりの名言「鼻くそやで~!」を連発すると「体調管理が出来てないのは恥ずべきこと。ちゃんと反省して!」と岡村から促される一幕も。「ご迷惑をおかけしました。仕事にならないし、初めて(病気って)怖いと思いました」と謝罪。今日18日(金)にも病院へ行くという。

 番組では、矢部を心配するメールと共に、明石家さんま、大滝秀治、立川談志などハスキーな有名人のモノマネリクエストが殺到。いつもは突っ込みばかりのやべっちも、必死に対応したが「日頃からモノマネしないから(ポイントが)抜けてばっかりや!」と、岡村からきつ~いダメだし。週末には、テレビ朝日系で生放送番組『やべっちFC』が控えており「きっと俺が出なあかんやろうなぁ~」と“責任”をとって代打出場も覚悟、早くも“おかっちFC”が実現する可能性が出てきている。6月に通称“ひとみちゃん”と破局後、心身共に疲れたのか!? 一刻も早い完治が望まれる。

ますおか増田、落語で“ピン芸人”確信!?

 2007-08-17
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070817-00000016-oric-ent
ウッチャンナンチャン・南原清隆ら人気お笑い芸人5人がこのほど、横浜市内でTBS系『若手芸能人落語研究会 お後がよろしいようで(仮)』(10月1日(月)深夜0時25分~ ※関東ローカル)の収録で落語を披露した。

 先月開催された『大銀座落語祭2007』でも高座に上がった南原をはじめ、落語初挑戦のカンニング竹山、アンガールズ田中卓志らが、林家正蔵、春風亭小朝ら著名落語家を“師匠”に迎え、稽古を重ねてこの日を迎えた。

 自身と同じく“キレ芸”を得意とする「ランニング竹島」を主人公に別れた妻や息子との再会をネタに披露したカンニング竹山は冒頭から「落語じゃねーよ! 放送禁止用語連発するぞ!」と最後まで飛ばしながら噺家として務めたが「正蔵師匠に1度会ったきり、互いに忙しく4日前に弟の一平が来ただけ。でも、落語ほど“芸人”を感じるものはないですよね」とコメント。

 また、自ら創作した『韓流落語』を披露したますだおかだの増田英彦は「(落語をやってみて)1人でこれだけ話せることが分かった。もう、ソロでも行けますね! 次のコンビでのライブでも、相方のしゃべる部分は大幅に減ると思います」とピン芸人としての活動を確信していた。放送日の2日後には、テレビでは未公開の部分も完全収録したDVDがリリースされる。

川田暴走、小島よしおと「おっぱっぴー!」を競演=ハッスル

 2007-08-16
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070816-00000000-spnavi-fight
ハッスルでおっぱっぴー! 「ハッスル・ハウスvol.27」が15日、後楽園ホールで開催された。オープニングハッスルには“モンスターK”川田利明が登場。最近、オープニングコーナーの私物化が目立つが「本日は川田利明のサマーフェスティバルへようこそ」とこの日も歌謡ショーを開催する気は満々だ。
 対戦カード発表後、「今日は俺の試合が入っていないじゃないか。レスラーが試合しなかったらおかしいだろ」と高田総統のマッチメークに不満を漏らす川田。「総統のいやがらせか、ジェラシーか」と悩みは深いようだが、すぐに気持ちを切り替えて、「そんなの関係ねえ」と言い放つ。
「そんなの関係ねえ」。川田のこの一言で登場したのは、芸人・小島よしお。激しいダンスを踊ってリングに上がると、「川田がどんびき、でもそんなの関係ねえ。ハッスル1度も見たことない、でもそんなの関係ねえ、おっぱっぴー!」とネタを披露する。ここで、呆然と眺めていた川田が「汚い海パンでリングに上がるな」と蹴りを入れるが、小島に反省の色はなし。そんな小島に触発されたか、ついには川田もジャージを脱いで海パン1枚になり「毎回歌っているがCDデビューの話はない、でもそんなの関係ねえ。レスラーなのに試合がない、でもそんなの関係ねえ。絶対総統怒ってる、でもそんなの関係ねえ」と小島と一緒になって「おっぱっぴー!」を披露。ムーディー勝山、テツandトモなどに続き、またしても芸人とのコラボレーションを見事に成功させた。
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
ギャオ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム